活動報告(第3回説明会)

岐阜大学SIP実装プロジェクトでは,「使いたくなるSIP維持管理技術のMEネットワークによる実装」の活動の一環として,平成28年12月7日(水)にじゅうろくプラザ(JR岐阜駅前)にて54名の技術者が参加して,第3回説明会を実施しました。

説明会では,SIP維持管理技術の開発者からの説明を聞き,開発者やメンテナンスアドバイザー(MA),オブザーバーが活発な意見交換を行い,岐阜県内等におけるSIP新技術の利用に向けての意見交換や技術の改良提案などを行ないました。

議事次第

  1. 開会挨拶と進め方等の説明/六郷 恵哲(岐阜大学)
  2. 橋梁・トンネル点検用打音検査飛行ロボットシステムの研究開発/西沢 俊広(日本電気)
  3. ALB(航空レーザ測深機)による洗掘状況の把握/宮作 尚宏(パスコ)
  4. 高精度かつ高効率で人工構造物の経年変位をモニタリングする技術/村田 稔(日本電気)
  5. 衛星SARによる地盤および構造物の変状を広域かつ早期に検知する変位モニタリング手法の開発/佐藤 弘行(国土技術政策総合研究所)
  6. 全体討議
  7. 講評と閉会挨拶/八嶋 厚(岐阜大学)
  • 写真-1 技術開発者による技術内容の説明
  • 写真-2 実機を用いた技術開発者による実演