第1回SIP実装報告会を実施(3月10日)

岐阜大学SIP実装プロジェクトでは,平成28年度の活動として,4回の説明会(14SIP技術),5回のフィールド試験(7SIP技術),および3件の調査研究を実施しました。その活動成果に関する第1回報告会を,平成29年3月10日(金)に152名の技術者が参加して実施しました。

会 場: じゅうろくプラザ5階大会議室

主 催: 岐阜大学工学部附属インフラマネジメント技術研究センター,(公財)岐阜県建設研究センター

プログラム:
(1)開会挨拶と活動概要    六郷 恵哲
(2)来賓挨拶  宗宮裕雄(岐阜県 県土整備部 土木技監)
(3)SIP「インフラ維持管理・更新・マネジメント技術」における出口戦略  岡田 有策(SIPインフラ・サブPD,慶応義塾大学)

- 技術報告 -
(4)SIP技術「舗装と盛土構造の点検・診断自動化技術の開発」の実装への取組みから分かったこと    八嶋 厚,村田 芳信,苅谷 敬三

- 活動報告 -
(5)SIP維持管理技術の説明会とフィールド試験から分かったこと 沢田 和秀,六郷 恵哲,森本 博昭
(6)新技術実装の障害と対策に関するヒアリングから  六郷 恵哲,羽田野 英明
(7)「地域のひと」に優しい技術のデザイン-技術に対するニーズとは  古澤 栄二(テイコク),牧野 徹(大日コンサルタント),國枝 稔
(8)建設過程がわかる構造物モデルの製作       國枝 稔,木下 幸治,八嶋 厚
(9)意見交換
(10)まとめと閉会挨拶    八嶋 厚

 

  • 写真-1 研究責任者(六郷恵哲)より概要説明
  • 写真-2 宗宮裕雄岐阜県土木技監による来賓挨拶
  • 写真-3 岡田有策SIPサブPDによる講演
  • 写真-4 熱心に聞き入る聴講者