建設ロボット活用に向けて連携協定を締結(7月6日)

岐阜大学工学部附属インフラマネジメント技術研究センター(岐阜大学SIP実装プロジェクト)では,各務原市とインフラ維持管理マネジメント技術に関する協定を,7月6日に締結しました。⇒各務原市広報

岐阜大学SIP実装プロジェクトでは,インフラの点検分野にドローンなどの建設ロボットを活用するプロジェクトを進めており,今年4月には,各務原大橋の一部区間で橋梁点検のフィールド試験を実施しました。⇒フィールド試験の様子

このような経緯を経て,岐阜大学工学部附属インフラマネジメント技術研究センターと,橋梁点検の効率化と省力化を目指す市は,ドローンなどの建設ロボットの活用に向けた調査・研究に関して,相互に協力する連携協定を締結することとなり,沢田和秀センター長らが市役所を訪れ,協定書に署名しました。⇒各務原市広報記事PDF

これに関するNHKニュース⇒NHK News 7/15NHK News 7/15PDF