活用事例の報告

滋賀県大津市でロボット技術を利用した橋梁点検の実証試験

 滋賀県大津市では,新技術(ドローン,ロボットカメラ)を活用した橋梁点検の有効性を検証するため,実証試験を実施しました。岐阜大学では,この実証試験の実施を支援しました。
大津市では,今回の試験結果について本年度中に有効性の検証し,次年度には検証結果を踏まえ,橋梁点検ロボット技術のさらなる有効活用を図る予定です。

日  時 令和元年11月21~22日(一般公開日22日)
対象橋梁 富川橋(大津市大石富川一丁目)
      橋長 33.15m(3径間)
上部工 3径間ゲルバー式RC桁橋
下部工 逆T式橋台2基,壁式橋脚2基
竣 工 1938年(昭和13年)
適用示方書 1926年(大正15年)

  • 写真-1 橋梁全景(上流側)
  • 写真-2 橋面状況
  • 写真-3 大津市長による実証試験の説明
  • 写真-4 岐阜大学より実証試験の講評
  • 写真-5 ドローンカメラによる点検状況
  •   
  • 写真-6 ドローンカメラの機能説明
  • 写真-7 ロボットカメラによる点検
  • 写真-8 ロボットカメラの機能説明

この実証試験の2日目(11/22)は一般公開され,以下のような報道が行われました。