研究開発実施体制

研究の実施体制

岐阜大学の研究プロジェクト「使いたくなるSIP維持管理技術のMEネットワークによる実装」は、調査研究を含み,下記の(a)~(e)の内容で活動しています。

  1. メンテナンスアドバイザー組織によるSIP技術の棚卸し(主担当:八嶋)
    SIP維持管理技術の精査、評価
  2. 地域実装支援(主担当:沢田)
    SIP維持管理技術の試用、地域実装
  3. 技術の在り方に関する調査研究(主担当:國枝)
    「地域のひと」に優しい技術のデザインに関する調査研究
  4. 社会実装に関する調査研究(主担当:六郷)
    新技術を社会実装しやすくするための調査研究
  5. 広報活動(主担当:木下)
    研究活動成果の公表、SIP維持管理技術の水平展開

研究実施体制とメンテナンスアドバイザー(MA)組織の構成

【実施体制】

【メンテナンスアドバイザー(MA)組織】